Now Reading
ストレスに強くなる!?ムーンデイ(満月・新月)を意識した生活・メリット2つ

「自分らしく生きる」を発信。

ストレスに強くなる!?ムーンデイ(満月・新月)を意識した生活・メリット2つ

ストレスに強くなる!?ムーンデイ(満月・新月)を意識した生活・メリット2つ 1
ストレスに強くなる!?ムーンデイ(満月・新月)を意識した生活・メリット2つ 3
Image by Adobe Stock

今夜は今年最大の満月「スーパームーン」ですね。
特別な満月になりますので、ニュースでも取り上げられていますが、普段は月の満ち欠けをどれくらいの方が意識しているのでしょうか?

月の満ち欠け(ムーンサイクル)を取り入れた生活は、あまり日常的でない印象ですが、実はそこにこそ現代をストレスフリーに生きるヒントがたくさんあるのです。

現代人の心と身体はストレスのミルフィーユ状態

本来私たちの身体は自然の中の一部なのですが、現代的な生活においてはそのことを切り離して考えてしまいがちです。月が満ち欠けをするように、人間にも自然のリズムがあるのです。

自分を含む人と自然のバイオリズムに鈍感になるということは、知らず知らずのうちに心身に負担をかけているという事になります。

極端な気候、SNS、仕事、育児、頑張りすぎてしまう文化、、などなど、息をついてリセットを暇もなくさまざまなストレスが次々とのしかかっています。

そんなパンク寸前な現代人にとってムーンデイを意識した生活というのは、ストレスフリーに生きるヒントに繋がるはずです。

メリット1:自分自身との調和が生まれる

月のリズムを意識しながら生活すると、自分のリズムを把握しやすくなります。人間は環境に影響されながら日々を送っており、体調や感情の波は存在して当たり前なのです。

「不安」「イライラ」「落ち込み」などは、自分で認識する前になんらかの予兆があるはずです。しかし、自分に対して鈍感でいるとこの変化に気づく事がができず、いらぬトラブルに巻き込まれてしまいストレスを抱えることになるのです。

自分のリズムを把握できるということは自分と調和が生まれます。自分と調和することができれば、周りのバイオリズムを把握することができるのです。

特に満月は気分が高ぶりやすい日とされています。自分に対して鈍感に過ごしてしまった時は、相手に対して攻撃的な感情が生まれやすい日でもあるので、イライラしやすい人は「あらかじめ人と会う約束は入れないでおこう」などと予防線を張ることができます。

余計な摩擦や衝突を避けるということも自分との調和を育む上では大事な事であり、ストレスフリーな生活をするためには必要不可欠なマインドだといえます。

メリット2:自分と自然のリズムを知るリマインダーになる

満月も新月も毎月やってきます。自分の心と身体の状態をチェックするリマインダーとしてはこれほど最高なものはありません。

例えば、満月~から新月の時期;月が少しずつかけていく周期は体内でも排出力が高まります。この周期に合わせて身の回りの掃除や体内のデトックスを意識していると自然と不要なものに気が付くことができます。その結果、心身をスッキリさせることに繋がり、ストレスフリーな自分へ戻すことが出来ます。

また、新月から満月の時期;月が少しずつ膨らんでいく周期は体内では吸収率が高まります。この周期はあらゆるものを吸収しやすい時期といわれるので、食事内容を見直す良い機会だといえます。普段不足しがちな栄養素を摂取することで、体内のバランスを調整しやすくなります。

物でも人間関係でも、自分にとって必要なものや不必要なものを整理することは、ストレスフリーに生きる上でもとても大切な要素となります。

わかってはいるけど、そういう時間をあえて設けるのは難しいのが、忙しすぎる現代人。満月の夜は、一瞬でも空を見上げてみましょう。知らず知らずに忘れてしまっていたものが、ふとインスピレーションとなって戻ってくるかも知れません。

「今日はスーパームーンだな。」それだけでもいいです。下を向いてうつ向いている時間から自分を解放してあげましょう。

現代人は、脳が炎症状態

満月の日は気分が高ぶりやすかったり、攻撃的になりやすい日とされているように、普段からストレスフルな生活してる人にはとってはそのストレスがピークに爆発しやすいと考えられています。

出来るだけ思考を止める時間を満月の日は作るようにしてみましょう。アロマバスにゆっくり浸かる。映画や本の世界に没頭するなど、ワクワクする時間やハッピーな時間を作りマインドフルで穏やかな時間を過ごしてみて下さいね。

今日は早めに帰って満月をみよう!

What's Your Reaction?
いいね!
2
うーん、、
0
おもしろい
0
なるほど!
0
共感!
0

© 2021 HASYOGA Magazine. All Rights Reserved.